ABOUT

ふるさとが詰まった、贈りもの。 昔、ヨーロッパでは晩秋になると飼っていた豚でハムやソーセイジをつくり、 家族や近所の人と命の恵みを分かち合ったといいます。 その暮らしの風景が、シュヴァインハイムの原点。 「大切に育てたこの豚肉を使って、本物のハムやソーセイジをつくりたい」 1989年、そんな強い想いを抱き、創業者・下島和子が手がけたハム・ソーセイジづくり。最高の美味しさを求めて、単身ドイツに渡り学んだ、本場仕込みの技術とクラフトマンシップを、今は仲間たちが受け継いでいます。 まっすぐに、丁寧に、ふるさと川口町で手づくりされるハムやソーセイジ。それは、愛情込めて育てられた命の恵みと、夢や誇りが詰まった食卓への贈りものです。